どうでもいいじゃん

思い付きや自分なりの考察をひたすら書いてます。ゆえに考えもぶれまくりコロコロ変わります。いい加減なのです。

予防するよりも、事が起きた時にリアルタイムに対策して解決するほうが評価される。

今までは先回りして予防するほうが良いと思っていた。

だが、予防することでは人からは評価されない。

それよりも、いざ事が起きた時にリアルタイムに迅速な対応をして解決したほうが評価される。

理不尽だが、これが現実だ。

人は、予防した結果何も起きなかったことよりも、事が起きてそれをリアルタイムに迅速な対応をして解決したことを評価するのだ。

それを肌感覚で感じてからは、あまり予防することに対して一生懸命にならなくなった。

何を準備していても想定外のことは起きる。

そう腹をくくっていたほうが、ずっとマシなのかもしれない。

気になる記事をスクリーンショットで撮影して後で読み返す。

気になる記事を片っ端から、スクリーンショットで撮影して保管している。

これ、後で意外と時間をかけて読み直したりするのだ。

特に外出時のスキマ時間などは、撮影した記事を読み返すことが多い。

そうすることで撮影したときは気づかなかった部分に改めて気づいたり、読んで良かったと思うことがあるのだ。

なんでも興味を持ったらデータにして保管。これ、大事なことかもしれない。

あとから自分の書いた記事を読んで、納得がいかなくなって消すことがある。

勢いで書いてアップしてしまった記事を、あとになって読んでみて納得がいかなくなり、消すことがある。

今日もそういう記事がいくつもあった。

消すなら下書きにおさめておけばいいのだが、面倒だからついアップしてしまう。

で、後になって、「これはちょっとなあ」と思って消す。

そうすることで、自分なりに納得した記事だけがブログに残っていく。

まあ、それもいいかなと思った。